カラーセラピーでは、ピンクは恋愛、幸せ、思いやりだそうです。
私自身昔からピンクが大好きで、いつも何かしらピンクのものを身に着けていました。
ピンクのイメージとして、恋愛やエロティックなものを想像しがちですが、私が感じるピンクは、優しく暖かいものなのです。

 

ピンクには、ベビーピンクと言われる淡いピンクから、ショッキングピンクまでたくさんの種類があります。
私はやや肌色に近いコーラルピンクや、サーモンピンクが一番好きですが、
物によってはベビーピンクやくすんだピンクのものなども買うことがあります。

 

そしてもう一つピンクを身に着ける理由は、なぜかどんな占いを見ても、ラッキーカラーはピンクと出ることが多いという事なのです。
偶然だとは思いますが、持っていて気持ちも良いしラッキーになれると思うと、つい何を買うにもピンクが気になってしまいます。
でも、全身ピンクにすることは絶対にありません。

 

むしろ一カ所に必ず入れる、という使い方です。
全体的にグレーや黒のファッションの時でも、ネックレスやバッグなどにピンクを使うと、ぐっとオシャレ度があがるような気がします。
ローズクオーツと水晶を組み合わせたパワーストーンのブレスレッドは、毎日必ず身に着けています。